ファイルブロックの使い方

MESHブロックで測定・検知したデータを端末内のテキストファイルに書き込むことができます。

 

ファイル名・保存先を設定する

 

  1. 以下のレシピを作成し、ファイルブロックをタップして設定画面を開きます。
    image147.png


  2. ファイル名をタップして設定します。
    何もせず「OK」をタップするとファイル名は「新しいデータ」で保存されます。
    (Android版の
    初回利用時のみ、ファイル名をタップし設定する必要があります。
     名称を変えない場合はそのまま保存してください。)


    デフォルトでは以下の場所にデータのファイルが保存されます。

    iOS:ご利用の端末内の「MESH/data」
    Android:内部ストレージの「Documents/jp.co.sony.mesh/data」
    Windows:ドキュメントフォルダ内の「M
    ESH¥data」

    image33.png

  3. ファイル名を入力したら「OK」をタップします。
    image87.png 


  4. ファイル名が設定されたことを確認し、「OK」をタップします。
    image92.png

 

 

書き込むデータを設定する

 

  1. ファイルブロックをタップします。
    image147.png


  2. 「データを追加」をタップします。
    image184.png


  3. ファイルに書き込める項目が出てきますので、書き込みたい項目をタップします。
    image28.png


  4. 書き込みたい項目が反映されているかを確認し、「OK」をタップします。
    (「データ」の入力欄をタップすると、文章を入力することができます。)
    image20.png


  5. レシピを実行すると、実行した結果が端末に保存され、データの確認、共有ができます。
    デフォルトでは以下の場所にデータのファイルが保存されます。

    iOS:ご利用の端末内の「MESH/data」
    Android:内部ストレージの「Documents/jp.co.sony.mesh/data」
    Windows:ドキュメントフォルダ内の「M
    ESH¥data」

    image172.png

    image96.png