MESHアプリを使ってメールを送信する方法(IFTTT連携)

MESHアプリを使って、MESHブロックで検知した情報などをメールで送信するにはIFTTTブロックを使用します。

IFTTTブロックを使用して指定したメールアドレスにメールを送信する方法(1.~24.)と、実際に接続したセンサーの値を送信するレシピ例(25.~28.)をご説明します。

IFTTTブロックを追加していない場合は1.から、過去に追加済みの場合は5.からご参照ください。

 

 

1.ブロックリストの連携にある「追加」をタップします

mceclip0.png

 

 

 

2.IFTTTのアイコンをタップします

mceclip1.png

 

 

 

3.「セットアップ」をタップします

mceclip2.png

 

 

 

4.MESHアカウントでサインインします

 既にMESHアカウントをお持ちの場合はサインイン、お持ちでない場合はアカウント作成後にサインインしてください。サインイン成功後3.の画面に戻る場合は、再度セットアップをタップして下さい。

mceclip3.png

 

 

以下の画像のように、既にサインインされている場合は「OK」をタップしてください。

 

mceclip4.png

 

 

 

 

5.IFTTTブロックの「IFTTT設定」をタップします

mceclip5.png

 

 

 

6.「IFTTT.comで設定する」をタップします

IFTTTのページに移動するので、IFTTT上でMESHとメールの連携を設定していきます。

IFTTTアカウントをお持ちでない場合は7.から、既にIFTTTアカウントをお持ちの場合は8.からご参照ください。

mceclip6.png

 

 

 

7.IFTTTアカウントを作成します

mceclip38.png

 

 

 

 

 

8.「Sign in」をタップします

mceclip39.png

 

 

 

 

9.必要な内容を入力し、サインインします

mceclip11.png

 

 

 

10.アカウントアイコンをタップします

mceclip12.png

 

 

 

 

11.「Create」をタップします

mceclip13.png

 

 

 

 

12.「+」マークをタップします

mceclip40.png

 

 

 

 

 

13.検索バーに「MESH」と入力します

mceclip41.png

 

 

 

 

 

14.「MESH」をタップします

MESHアカウントでのログインを要求される場合、MESHアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしてください。 

mceclip42.png

 

 

 

 

15.「Event from MESH app received」をタップします

mceclip43.png

 

 

 

 

16.Event IDに任意の文字列を入力し、「Create trigger」をタップします

 EventIDは「testmail」としています。入力したEventIDはMESHアプリでも使用しますので、忘れないようにメモをしてください。(文字列の先頭など大文字・小文字にもご注意ください)

mceclip44.png

 

 

 

 

17.「+」マークをタップします

mceclip46.png

 

 

 

 

 

 

 

18.検索バーに「Email」と入力し、「Email」をタップします

IFTTT連携するメールアドレスを設定する必要があります。未設定の場合は19.を、設定済みの場合は22.をご参照ください。

mceclip47.png

 

 

 

 

19.「Connect」をタップします

mceclip48.png

 

 

 

 

 

20.使用するメールアドレスを入力し、「Send PIN」をタップします

mceclip49.png

 

 

 

 入力したアドレスに、以下のような4桁のPINコードが送信されているのを確認してください。

mceclip51.png

 

 

 

 

21.届いたPINコードを入力し、「Connect」をタップします

mceclip36.png

 

 

 

 

 

22.「Send me an email」をタップします

mceclip50.png

 

 

 

 

 

23.「Create action」をタップします

mceclip23.png

 

 

 

 

24.「finish」をタップします

以上でIFTTT連携の設定は完了です。IFTTTのページを閉じ、MESHアプリに戻ります。

mceclip24.png

 

 

 

 

25.MESHアプリで以下のレシピを作成し、IFTTTブロックをタップします

次にMESHアプリで実際にメールを送信するためのレシピを作成します。

「動きブロックが振られたらメールを送信する」を例に説明します。

mceclip25.png

 

 

 

 

26.設定したEventIDを入力してください

13.で設定したEventIDを入力します。(文字列の先頭など大文字・小文字にもご注意ください)

mceclip26.png

 

 

 

 

27.メールの本文を入力します

 メールの本文には「データを追加」から接続したブロックの情報を追加することが出来ます。詳細は以下のリンクをご参考ください。

 データ選択機能の使い方を教えてほしい

mceclip28.png

 

 

 

 

28.入力できたら「OK」をタップします

mceclip29.png

 

 

レシピ完成です。今回の例では、動きブロックを振ると以下のようなメールが送信されます。

(メール受信までには1分程度の遅延が発生いたします。)

 

mceclip37.png

 

 

 

 

メールの送信がされているのかを確認するにはIFTTT上のActivityをご確認ください。

 

mceclip30.png

 

 

 

正常に動作している(メールが送信されている)と以下のように「Applet ran」が確認できます。

 

 mceclip3.png