MESH GPIOブロック用Groveボードで動作確認済みのGroveモジュール一覧

スイッチサイエンスから発売されているGPIOブロック用Groveボードを使用する事で、一部のGroveモジュールをMESHと連動させることができます。(動作電圧が5Vのタイプ、I2CやUARTの通信で動作するタイプのモジュール等、接続できないものがあります。)

 

GroveボードにはCN1~4の4つのコネクタがありますが、それぞれすべて役割が異なります。

  • CN1:アナログ入力
  • CN2:デジタル入力
  • CN3:デジタル出力
  • CN4:アナログ(PWM)出力

 

詳細はスイッチサイエンス社のGroveボードの使用方法についてのページをご覧ください。
https://www.switch-science.com/catalog/3438/

スイッチサイエンス社が独自に連携確認済みのGroveモジュールのリストも公開されています。
http://trac.switch-science.com/wiki/grove-mesh

 

動作確認済みのGroveモジュール一覧は以下の通りです。(動作テストを行ったものであり、動作を保証するものではありません。仕様変更などにより、将来的に使用できなくなる可能性もあります。)

Groveモジュール名

接続コネクタ

GROVE - LED 青

CN3 または CN4

GROVE - スイッチ(パネルタイプ)

CN2

​GROVE - スライドボリューム

CN1

GROVE - タッチセンサ

CN2

GROVE - バイブレータ

CN3 または CN4

GROVE - ブザー

CN3 または CN4

GROVE - ボリューム

GROVE - ボリューム(パネルタイプ)

CN1

GROVE - 音センサ

CN1

GROVE - 心拍センサ

CN1

GROVE - 水センサ

CN2

GROVE - 水分センサ

CN1