MESHを使って取得したデータや通知を離れたところあるスマートフォン等に送れますか?

MESHを用いて、レシピで取得したデータや通知を離れたところに送ったり、離れたところから確認できるようにする方法はいくつかあります。

 

用意していただく機器は、MESHブロック、MESHアプリが動作する端末(iOS、Android、Windows、MESHハブ)、端末が接続するインターネット環境になります。これらをご用意していただき、レシピを作成してください。

レシピ事例も合わせてご紹介しますので、ご参照ください。

 

・Gmailを使って送信する

-------------------

[追記:2020年3月27日]

2020年3月27日現在、MESHアプリでGmail連携がご利用いただけなくなっております。

この問題の解決に向けGoogle社と協議を続けておりますので、お待ちくださいますようお願い申し上げます。

また代替手段といたしまして、IFTTT連携をご利用いただくことでMESHブロックで取得した値等をメールで送信する方法をご紹介いたします。

MESHアプリを使ってメールを送信する方法(IFTTT連携)

-------------------

 

MESHブロックで取得したデータやMESHレシピの状況などをGmailの本文に記載して送信することが出来ます。

Gmailを使ったレシピ集は下記をご参照ください。

 https://recipe.meshprj.com/tags/gmail

(例)一人暮らしの親の安否を自動で確認 扉の動きを感知する見守りセンサー

https://recipe.meshprj.com/jp/recipe/198

 

また、IFTTTブロックを使って連携させる方法もあります。下記レシピ集をご参照ください。

https://recipe.meshprj.com/tags/ifttt

IFTTTのうち、TwitterとGoogleスプレッドシートの例を以下、ご紹介します。

 

・Twitterを使って送信する方法

MESHブロックで取得したデータやMESHレシピの状況等をTwitterで送信することで、遠隔地でもそのデータを見ることができることができます。

Twitterとの連携方法は下記リンクをご参照ください。

IFFFTアプレットの使い方を教えてほしい

 

合わせてレシピ例もご参照ください。

(例)掃除サボッター

https://recipe.meshprj.com/jp/recipe/350

 

・Googleスプレッドシートを使い、遠隔からデータを確認できるようにする方法

MESHブロックで取得したデータやMESHレシピの状況等をGoogleスプレッドシートに記入することで、遠隔地からそのデータを閲覧したり、グラフとして表示することが出来ます。

GoogleスプレッドシートをMESHから利用する方法は下記リンクをご参照ください。

1つのスプレッドシートのみに記入する方法(Google Sheetsブロック)

人感ブロックで人通りをカウントすることはできますか?

複数のスプレッドシートに記入する方法(IFFFTブロック)

Googleスプレッドシートに複数のデータを別々のシートに記録できますか?

 

合わせて下記レシピ例もご参照ください。

(過去のレシピを参照する際、2020年3月27日現在ではソフトウェアブロックの「Google Driveタグ」は、「Google Sheetsブロック」に、IFFFTアプレットの「Google Drive」は「Google Sheets」に変更されておりますので、ご注意ください。)

(例)温度湿度データロガー

https://recipe.meshprj.com/jp/recipe/2820