MESHタグを1時間に1回、動作させるには?

人感タグ、明るさタグ、動きタグ、温度タグなどを、決まった時間間隔で動かすには、ソフトウェアタグのタイマータグを用います。また、各タグの設定を”状態を検知する”に設定し、入力部分をタイマータグの出力と接続します。ただし、間隔の設定の上限が59分のため、1時間(60分)を超える長さの間隔を設定するときは、下記のように、タイマータグとカウンタータグを併用してください。

 

MESHアプリ>ソフトウェアタグ>ロジック>タイマー "一定の間隔で"で30分に設定し、
MESHアプリ>ソフトウェアタグ>ロジック>カウンター で2回に設定すると1時間に1回が完成します。