カスタムブロックでMESHブロックが検知したデータを取得する方法を教えてください

MESH SDKを利用し、カスタムブロック(旧称カスタムタグ)で温度・湿度ブロックなどのセンサーが検知している数値を取得する方法をご紹介します。

以下の一覧にある、messageValuesという変数を利用します。

*アプリのバージョンによって取得方法が異なりますのでご注意ください。

 

■MESHアプリ(v1.10.0以降),  MESHハブ(v1.0.0以降)

ブロック 機能 取得可能なブロック検出値 SDKでの取得方法
動き 振られたら 振られた強さ messageValues.intensity
動き 振動を感知したら 振動の強さ messageValues.intensity
動き 向きが変わったら 向き messageValues.orientation
GPIO  アナログ入力 入力電圧 messageValues.value
人感 感知したら / 感知しなくなったら 感知状態 messageValues.stateValue
人感 状態を確認する 感知状態 messageValues.stateValue
温度・湿度 温度が変わったら 温度 messageValues.temperatureValue
温度・湿度 温度を確認する / 湿度を確認する 温度 messageValues.temperatureValue
温度・湿度 湿度が変わったら 湿度 messageValues.humidityValue
温度・湿度 温度を確認する / 湿度を確認する 湿度 messageValues.humidityValue
明るさ 明るさが変わったら 明るさ(10段階) messageValues.brightnessValue
明るさ 明るさが変わったら 明るさ(Lux) messageValues.brightnessRaw
明るさ 明るさを確認する / ふさがれているか確認する / ふさがれていないか確認する 明るさ(10段階) messageValues.brightnessValue
明るさ 明るさを確認する / ふさがれているか確認する / ふさがれていないか確認する 明るさ(Lux) messageValues.brightnessRaw
明るさ ふさがれたら / ふさぐものが無くなったら 距離センサ出力計算値 messageValues.distance
明るさ ふさがれたら / ふさぐものが無くなったら 距離センサ生出力 messageValues.distanceRaw
明るさ 明るさを確認する / ふさがれているか確認する / ふさがれていないか確認する 距離センサ出力計算値 messageValues.distanceValue
明るさ 明るさを確認する / ふさがれているか確認する / ふさがれていないか確認する 距離センサ生出力 messageValues.distanceRaw
マイク 音を感知したら 平均音量レベル messageValues.averagePower
マイク 音を感知したら ピーク音量レベル messageValues.peakPower
マイク 音の大きさを確認する 平均音量レベル messageValues.averagePower
マイク 音の大きさを確認する ピーク音量レベル messageValues.peakPower

 

■MESHアプリ(v1.9.1以前)

ブロック 機能 取得可能なブロック検出値 SDKでの取得方法
動きブロック 振られたら 振られた強さ messageValues.messageValues.intensity
動きブロック 振動を感知したら 振動の強さ messageValues.messageValues.intensity
動きブロック 向きが変わったら 向き messageValues.messageValues.orientation
GPIOブロック  アナログ入力 入力電圧 messageValues.messageValues.values
人感ブロック 感知したら / 感知しなくなったら 感知状態 messageValues.messageValues.state
人感ブロック 状態を確認する 感知状態 messageValues.state
温度・湿度ブロック 温度が変わったら 温度 messageValues.messageValues.temperature
温度・湿度ブロック 温度を確認する / 湿度を確認する 温度 messageValues.temperature
温度・湿度ブロック 湿度が変わったら 湿度 messageValues.messageValues.humidity
温度・湿度ブロック 温度を確認する / 湿度を確認する 湿度 messageValues.humidity
明るさブロック 明るさが変わったら 明るさ(10段階) messageValues.messageValues.brightness
明るさブロック 明るさが変わったら 明るさ(Lux) messageValues.messageValues.brightnessRaw
明るさブロック 明るさを確認する / ふさがれているか確認する / ふさがれていないか確認する 明るさ(10段階) messageValues.brightness
明るさブロック 明るさを確認する / ふさがれているか確認する / ふさがれていないか確認する 明るさ(Lux) messageValues.brightnessRaw
明るさブロック ふさがれたら / ふさぐものが無くなったら 距離センサ出力計算値 messageValues.messageValues.distance
明るさブロック ふさがれたら / ふさぐものが無くなったら 距離センサ生出力 messageValues.messageValues.distanceRaw
明るさブロック 明るさを確認する / ふさがれているか確認する / ふさがれていないか確認する 距離センサ出力計算値 messageValues.distance
明るさブロック 明るさを確認する / ふさがれているか確認する / ふさがれていないか確認する 距離センサ生出力 messageValues.distanceRaw
マイクブロック 音を感知したら 平均音量レベル messageValues.messageValues.averagePower
マイクブロック 音を感知したら ピーク音量レベル messageValues.messageValues.peakPower
マイクブロック 音の大きさを確認する 平均音量レベル messageValues.averagePower
マイクブロック 音の大きさを確認する ピーク音量レベル messageValues.peakPower

以上のようにmessageValuesから検知した数値を取得するためには、 カスタムブロックの「直前」に取得元のMESHブロックをつないで動作させる必要があります。例えば、カスタムブロックで温度・湿度ブロックが検知している温度の数値を取得する場合、カスタムブロックの「直前」に温度・湿度ブロックの「温度を確認する」機能をつないで動作させてください。

また、今後のSDKの改善などで仕様変更が発生する可能性がございます。 あらかじめご了承のうえでご利用ください。