人感タグで人通りをカウントするレシピ

イベントや店頭で通過したお客様の人数をカウントし、可視化するレシピのご紹介です。
このレシピを使うと、以下のようなことができます。

  1. MESH人感タグを使い、人の通過をGoogleスプレッドシートに記録する
  2. 時間帯ごとに通過した人数を集計し、グラフにして表示する

 

※通常の人感センサも同様ですが、複数人が同時に通過した場合や、同一人物が複数回通過した場合などに正しくカウントできないことがあるため、数値は参考のものとなります。 


1.人感タグで人の通過をGoogleスプレッドシートに記録する


①Googleスプレッドシートとの連携はIFTTTを介して行います。
まずこちらの手順に沿ってIFTTT連携の初期設定を行ってください。

②Google Drive用のIFTTTアプレットを設定します。
MESHアプリの連携タグから「+追加」をタップし、Google Driveタグを追加してください。

mesh1.png

 

mesh2.png

 

mesh3.png


③追加したタグをキャンバスに引き出し、タグをタップして設定画面を開きます。

mesh4.png

 

mesh5.png


④「IFTTTアプレット設定」をタップします。ブラウザが開き、IFTTTサイトに移動します。
アプレットをONにし、さらに右上の設定ボタンを押します。
Googleの認証を要求された場合は、許可してください。

mesh6.png

 

mesh7.png


⑤記録先のスプレッドシートを指定します。記録はスプレッドシートの最初のワークシートに行われます。
今回はデフォルトの設定のままSaveをタップします。
これでGoogle Driveアプレットの設定は終わりです。設定が終わったらMESHアプリに戻ります。 

mesh8.png


⑥MESHレシピを作成します。

mesh9.png

 

  • 人感タグ:「感知したら」に設定。
  • Google Driveタグ:「送信テキスト」の「データを追加」をタップし、「日時」を追加。

 

mesh10.png

 

mesh11.png


これで、人感タグが人を検知すると、そのときの日時がGoogle スプレッドシートに記録されるようになりました。


 

2.人数を集計する


MESHアプリのバックグラウンド実行の設定を行った後、レシピを開いたままブラウザでGoogleドライブを開きます。

参考:MESHアプリはバックグラウンドで動作可能でしょうか


デフォルトの設定では「MESH」フォルダに「MESH」という名前のスプレッドシートが作成されています。
設定を変更した場合は、それに応じて読み替えてください。

人感タグが反応すると、スプレッドシートの最初のワークシートに日時が記録されていきます。
上手く記録されていない場合は、これまでの設定を再度確認してみてください。

次に、人数を集計してみます。A列以外の適当なセルをクリックし、

 「=COUNT(A:A)」

と打ち込んでください。すると、これまでに通過した人数が表示されます。
ただしこれでは、イベントブースに入ってきた人と出ていく人を2回数えてしまいます。そこで

 「=ROUND(COUNT(A:A)/2,0)」

と打ち込むと、集計した人数を2で割って表示できます。

 sheet1.png

 

3.時間帯ごとの人数をグラフにする。

 

まず、日時のデータから、時間のデータだけを抜き出します。セルB1に

 「=HOUR(A1)」

と打ち込んでください。これをB列全体に連続コピーすると、時間データだけが表示されます。

これを使うと、各時間帯の人数を集計できます。
例えば10時~11時の人数を集計したい場合は


 「=COUNTIF(B:B,”=10”)」


とします。

集計したい各時間帯についてこれを打ち込んで集計を行い、グラフを作成します。

例えば下の画像では、10時から16時までの人数を1時間ごとに集計しています。
セルD1からセルE6までを選択した状態で、メニューから「グラフを挿入」を選ぶことで、
時間帯ごとの人数をグラフに表示できます。

sheet2.png

 

※人感タグは、向いている方向から±45度、2~3m程度にある熱の動きを検知しており、入口付近を通り過ぎる人もカウントしてしまう可能性があります。そこで、ポストイットなどで筒を作り、指向性をつけるとよいでしょう。 


※IFTTTで2000行を超えてスプレッドシートに書き込もうとすると、新しいファイルを作ってそちらに書き込んでしまいます。これを防ぐためには、定期的に日時データを削除するようなスクリプトを書いておくと便利です。