データ選択機能の使い方<部屋の温度を出力したい>

部屋の温度をiPadに通知したいなど、MESHを使用してセンサーで検知した情報を取得する方法ご説明します。

 

データ選択機能の使い方

例えば、ボタンタグを一回押したら、温度・湿度タグで温度を検知し、タブレット上に現在の温度を通知したい際は、

1:アウトプットにあたるソフトウェアタグの「通知タグ」をキャンバスに配置
2:インプットにあたる温度・湿度タグを設置
3:温度を検出する温度・湿度タグを通知タグをつないでください

検知元のタグがアウトプットのタグにつながっていないと、出力はできません。

 

 

次にアウトプットにあたる通知タグ上から、参照元のタグと出力するデータを設定してください。

1:アウトプットにあたるソフトウェアタグの「通知タグ」をタップし、「データ選択」をタップ
2:既にキャンバスに配置した温度湿度タグの温度(℃)を選択
3:2:まで終わると、メッセージのテキスト枠の中に取得したい温度情報が反映されます

 

 

上記の作業を実施すると、取得した情報を出力できるようになります。

GmailやIFTTTに検知したデータを出力する際も同様のステップです。

 

温度・湿度だけでなく、MESHアプリで出力可能なデータは他にもございます。

 

出力可能なデータ一覧

対応するタグ 出力可能なデータ
動きタグ 振られた強さ(1-100)
動きタグ 振動の強さ(1-100)
GPIOタグ アナログ入力(V)
明るさタグ 明るさ(1-10)
明るさタグ  明るさ(Lux)
温度・湿度タグ 温度(℃) ※タグ設定温度単位で「摂氏」を選択している場合
温度・湿度タグ 温度(°F) ※タグ設定温度単位で「華氏」を選択している場合
温度・湿度タグ 湿度(%)
マイクタグ  入力レベル(1-100)
通知タグ 日時
通知タグ タイムスタンプ